保育園看護師

保育園看護師のメリット☆体験談・口コミ

保育園看護師をしていて良かったこと


私はこどもが好きで、いつかはこどもと関われる仕事がしたいと思っていました。

 

でも、私は看護師としての経験も浅く、小児科病棟やクリニックの経験もありませんでした。

 

保育園看護師は興味はあったものの、経験なしの私が務まるのか・・・不安がありなかなか始めることができませんでした。

 

今は派遣看護師として私立保育園で保育園看護師をしています。

 

保育園看護師をしてみて良かったことについて紹介したいと思います笑顔

 

 

保護者やスタッフから頼りにされる

保育園には基本は看護師が1人しかいません。

 

医療職は自分1人だけという環境なので、保育士や保護者から頼りにしてもらえます。

 

保育園によっては看護師に対する扱いが酷い・・・なんて話も聞きます。

 

保育士は看護師がどんな仕事をしているのか知らないから「看護師なんていてもいなくても同じ」なんてイヤミを言われることもあるって聞きました(´;ω;`)

 

でも、今の保育園は、園長や主任が看護師の私をすごく立ててくれます。

 

園の玄関の目の前にオープンのフリールームのようなものがあり、ときどき保護者の方からの相談を受けたりします。

 

主任はそのフリールームの目の前のカウンターに座って保護者対応をしているんですが、保護者の方に丁寧に私のことを紹介してくれるんです。

 

私びっくりしたのが、保護者の方って保育園に看護師がいることを知らない人が多いんですね!!

 

当然知っていると思っていたのでびっくりしました。

 

看護師の存在を知らなければ、確かに看護師なんていてもいなくても同じって思われますよね。。。

 

主任は、保護者によく声かけをしていて、「何か悩んでいることとか困っていることない?」と聞いています。

 

私のことは、「看護師さんがいるから、体のことで気になることとか、発達面で心配していることがあったら、いつでも相談していいですよ!看護師さんからアドバイスを受けるだけで自然と元気になれたりするから!」なんて紹介してくれます。

 

主任のお陰で、私は保護者の方にどんな仕事をしているのか認識してもらい、ときどき健康相談や発達相談を受けるようになりました。

 

お母さんって、こどものことを一生懸命育てているから、小さなことでもすごく気になったり心配したり、1人で抱えて自分を責めてしまいますよね。

 

でも、誰かに話すだけで落ち着くようで、皆さん笑顔を見せてくれます。

 

健康相談や発達相談に乗るのも看護師の大事な役割なので、こどもの代表的な病気や、成長発達に関しての勉強をした方が保護者との信頼関係を作る上で大事だと思いますよ(´∀`*)

 

こどもの成長を保護者と共に喜べる

保護者の方は日々、一生懸命にこどもを育てているから、私がしっかりしなくちゃ!と思って、周りの誰かに頼ることに躊躇してしまう人が多いのかな?という印象を持っています。

 

でも、本当ならこどもは社会全体で育てていくべきだし、社会の宝だと思います。

 

だから、保育園は地域の人との交流を大切にして、こどもは社会の宝だと再認識してもらいたいと思っています。

 

地域の方との交流って本当に大切だなと思います。

 

こどもの成長って本当にあっという間ですよね。

 

保育園に預けて仕事をしている保護者の方は、こどもの成長を傍で常に見守ることができないことに、罪悪感を感じることもあります。

 

でも、こどもは社会全体で育てるべきという認識に変われば、こどもを保育園に預けていることだって、こどもにとって大切な時間と捉えてくれると思います。

 

たくさんの人と接して、たくさんの人にかわいがられるこどもは絶対に幸せだと思いますよ(´∀`*)

 

こどもは保護者が見ていないところで、日々成長していきます。

 

保育園でこんなことができるようになった!お友達とこんな関わりができるようになった!なんて、こどもの成長を伝えると、保護者の方はとても嬉しそうです。

 

私も嬉しくて、保護者の方と一緒に成長を喜べる機会をもらって、本当にありがたいと思っています!

 

今の保育園は、園長や主任の人柄がとてもよくて、保護者の方への気配りが素晴らしいです(´∀`*)

 

だからなのか、保護者の方も私たちをとても信頼してくれていて、看護師の私のことも受け入れてくれているのが伝わってきます。

 

園長や主任の人柄や相性って大事だな〜と実感しています!

 

看護だけではなく保育の勉強ができる

保育園看護師の仕事内容は、看護業務というよりも保育業務が中心です。

 

保育を通して、こどもたちの健康観察をするので、園全体のこどもに目が届くように気をつけています。

 

私は主に0歳児クラスと1歳児クラスの保育補助をしています。

 

傍から見ると、私は看護師ではなく保育士に見えると思いますよ(´∀`*)

 

保育士も私に保育士としての仕事を要求してきますし、私もそれが当たり前だと思っています。

 

保育園看護師は看護師としてのやりがいを感じにくいという声も聞きますが、私は看護師としてのやりがいを感じられる職場だと思いますよ!

 

看護ケアを通して看護師としてのやりがいを感じるか、保育補助を通して看護師としてのやりがいを感じるのかの違いかな?と思います!

 

保育園看護師は病院のように医療ケアもありませんし、保育士と同じ業務をしているので、看護師じゃなくても出来る仕事なんじゃない?と思う人もいると思います(´;ω;`)

 

でも、看護師は保育補助をしながら、こどもの状態観察をしていますし、医療者がいるだけで保育士も安心して仕事が出来ていると言ってくれるので、私はそれで十分だと思っています。

 

病棟では得られない経験ができる

私はこどもが好きで、こどもと関わる仕事がしたいと保育園看護師を選びました。

 

小児科病棟やクリニックではぜったに得られない経験をしているなと日々感じています。

 

小児科病棟やクリニックでは、対象は治療が必要なこどもなので、業務の中心は治療になりますよね。

 

保育や楽しみよりも治療がメインです。

 

病院なのでそれが当たり前ですが、私がしてみたかったのは、こどもの安全や健康・成長を見守ることです。

 

なので、保育園看護師は私にピッタリの仕事だと思っています。

 

保育園では、こどもの成長を何よりも喜べます

 

看護師はクラス担任はしないので、園全体の子供たちの様子を見守ることができます。

 

クラス担任をしていたら成長を皆で喜んだりという余裕が持てないかもしれませんが、私は担任ではない分、少し余裕を持って子供の成長を見守ることができます(´∀`*)

 

病棟では常に緊張感に包まれていてストレスが溜まってしまいますが、保育園看護師は緊張感はなく、喜びや感動がたくさんある仕事で、病棟勤務では得られない経験をたくさんさせてもらっています(´∀`*)

 

 

保育園看護師の楽しいところ


保育園看護師は、こども好きの私にとって楽しいことがたくさんあります!

 

0歳クラスや1歳クラスの保育補助で、毎日ヘトヘトに疲れますが、仕事が楽しいんです!

 

園長・主任・保育士、皆さんに恵まれて、本当に雰囲気の良い職場に出会えて良かったと思っています(´∀`*)

 

 

こどもの笑顔にパワーを貰える

保育園ではたくさんのこどもの笑顔に接することができます。

 

こどもって本当にかわいいです(´∀`*)

 

毎朝、お母さんと離れるときは大泣きしていた子が、お母さんが帰った途端にケロッとして、ニコニコ近づいてきたり。

 

すぐ泣くのに数秒後には笑っていたり、ちょっとしたことで大笑いしたり、笑いすぎて転んだり。。。

 

毎日、たくさんのこどもの笑顔が見れる仕事って楽しいし、ものすごくパワーを貰えます

 

これが小児科病棟やクリニックでは、こんなにこどもの笑顔を見ることはないのかな?と思います。

 

こどもって本当に純粋で、心から大人を信頼しているなと感じます。

 

みんな目が澄んでいて綺麗で、心も澄んでいる子ばかりです。

 

0歳児クラス、1歳児クラスの担当は体力的に本当にきついです!

 

でも、そんな疲れも吹きとばすくらいの笑顔をこどもたちにもらっています笑顔

 

行事やイベントを一緒に楽しめる

大人になると行事や季節感を忘れちゃってることが多いな〜と感じます。

 

保育園では、季節に関するイベントをしたり、楽しい行事をして、そんな経験を通してこどもの頃の思い出を懐かしく思ったり、こどもの目を通した季節や行事ってどんな風に写っているのかを想像してみたり。

 

こどもと接していると、日々新しい発見があります。

 

保育園看護師にならなければ、こんな童心に戻る機会もなかったかもしれません。

 

行事やイベントの作品作りを手伝ったり、ダンスや歌の練習に付き合ったり、本当に楽しいです(´∀`*)

 

0歳児クラスの担当として保育の現場を楽しめる

保育園看護師は0歳児クラスの保育補助をすることが多いと思います。

 

0歳児クラスは日常生活全てにサポートが必要なので、何かと大変です。

 

でも、0歳児でもちゃんと保育目標があって、保育計画を立てて、毎日こどもの成長をサポートしているんですよね。

 

小さくてもちゃんと目標があるって凄いな〜と思います。

 

看護師は保育計画を立てることはありませんが、保育士が保育計画について話し合っているのを聞いていると、保護者以外にもこんなにこどもの成長を願っている人がいるということが嬉しいなと感じます。

 

保育園の外から見ている時は、こんな喜びがあることを想像できませんでした。

 

でも、自分が0歳児クラスの補助として現場に入ってみると、たくさんの喜びや感動があることを知りました。

 

保育園看護師は、こどもが好きでなければ、ただキツイだけの仕事かもしれません。

 

でも、こども好きな人にとっては日々、感動と喜びの連続です!

 

保育園看護師として仕事を楽しむためには、園長や主任の存在も大きいと思います。

 

園長や主任の人柄で園全体が良い影響を受けていますし、保護者にも良い影響が伝わっていて、園内は良い雰囲気に包まれています。

 

このような職場だから、心に余裕を持ってこどもに接することができるのかなと思います。

 

良い職場に出会えて良かったし、保育園看護師に挑戦してみて良かったと思っていますよ(´∀`*)