保育園看護師

派遣看護師なら短期勤務が可能☆保育園看護師の働き方

3ヶ月の短期派遣から保育園看護師をスタート

3ヶ月の短期派遣でも最長12ヶ月まで働ける

私は3ヶ月の短期派遣で保育園看護師を始める事にしました。

 

なぜ3ヶ月の短期求人かと言うと、保育園看護師をしていた方が、妊娠中の体調不良で急遽退職する事になり、看護師を急募していました。

 

でも、看護師求人をしても人が集まらなくて、私は保育士をしている友人から保育園看護師の求人を募集している話を聞きました。
3ヶ月の短期求人ではありますが、最短3ヶ月からの短期勤務が可能で、4ヶ月目以降は派遣期間の延長を行う事で、最長12ヶ月働けるというものでした。

 

短期で働くことのメリット

私は保育園看護師の経験がないので、本当に私に働くことができるのか分からなかったので、とりあえずは最短の3ヶ月の期間を決めて働くことにしました。

 

派遣看護師のメリットは派遣期間を自分で決められるところですね。

 

私は自分で3ヶ月の派遣期間を決め、取り敢えず働いてみる事にしました。

 

最初の3ヶ月で分かった事

私は保育園看護師が未経験ということもあり、本当に私が働けるのかな?という不安もあり、取り敢えず3ヶ月だけ派遣看護師として働くことにしました。

 

職場の様子や自分に本当にあっている職場かどうかは、3ヶ月もあればわかりますね。

 

私はこの保育園の雰囲気は好きですし、保育園看護師の仕事内容も楽しいと感じたので、4ヶ月目以降も派遣期間の更新をする事にしました。

 

派遣期間の更新について

派遣期間の更新は、派遣会社にまずは派遣期間の延長を希望している事を伝えましょう。

 

派遣先と派遣看護師の希望条件が合った時に派遣期間の延長をすることができます。

 

派遣期間の延長は1ヶ月単位ですることができるので、4ヶ月目以降は毎月のように期間の延長をしました。

 

期間の延長をするときは雇用契約も更新しなければならないので、派遣会社のコンサルタントさんが派遣先に何度も足を運んで切れ、雇用契約の更新をしてくれました。

 

いつでも辞められる安心感

短期で働いていると、「いつでも辞められる」「合わなければ辞めれば良い」と常に思っていたので、気楽に働けます。

 

これがバイトやパートなどの期間の定めがない働き方だと、「嫌だけど我慢しよう」とか「辞めたいけど、退職は言いづらいな」なんて思いながら、色々な事に我慢をする事になります。

 

期間限定の派遣の仕事なら、職場で嫌な事があったり、職場の人間関係の悩みがあっても、「どうせ派遣期間が来たら辞められるんだから、悩んでも仕方がない」とか「あの保育士は苦手だけど、派遣期間が終わるまで我慢しよう」など、前向きに考えることができます。

 

いつでも辞められる環境って、ストレスが減るんですよ!

 

職場の悩みは大半が人間関係の悩みだったりします。

 

でも短期派遣なら、期限が切れるまでの人間関係と割り切れば気が楽ですし、ストレスもたまりませんよ。

 

 

保育所では1日限りの単発求人がある


保育園看護師には単発派遣の求人はありませんが、保育所なら1日限定の単発派遣があります。

 

保育所の看護師は、保育園看護師のような業務内容や役割があるわけではなく、緊急時に対応できる医療職が欲しいというニーズなので、基本は看護師は保育士と同じ仕事をさせます。

 

保育所では、看護師も保育士も業務内容は対して代わりがありません。

 

保育所では、保育士と同じ業務を行うので、こどもの保育が主な業務になります。

 

保育所の業務は、単発求人でも問題なくこなせる内容です。

 

ダブルワークで単発派遣を探している方などは、保育所の求人は良いですね。

 

保育所なら24時間オープンしている施設もありますので、保育所の夜勤求人が見つかるかもしれません。

 

 

 

紹介予定派遣なら職場の様子を知ってから働ける


紹介予定派遣は、おおむね6ヶ月以内に直接雇用になることを前提として働き方です。

 

長期派遣に分類され、派遣求人の中では一番多い求人です。

 

紹介予定派遣は、いずれ直接雇用になる事を前提としているので、職場の様子を確認してから働くことが出来るのがメリットです。

 

保育園看護師を始めてみたけど、理想と現実のギャップが大きくて辞めたい!仕事が合わない!という失敗はよくありますよね。

 

でも、紹介予定派遣なら直接雇用を希望している職場で事前に働く事で、本当に自分に合っているのかを確かめてから働くことができます。

 

紹介予定派遣で職場の様子を事前に知る事で、転職の失敗を防ぐ事ができます。

 

紹介予定派遣で職場の内部事情が分かる

職場の内部事情は実際に働いてみないと分からない面が多いです。

 

実際に働いてみたら理想と現実のギャップが大きかったり、職場の人間関係が悪い、保育士の看護師いじめがあるなど職場の内部事情を間近で見ることができます

 

職場の内部事情を知っていれば転職の失敗も防ぐことができますし、転職歴を無駄に増やす必要もありません!

 

直接雇用を断る事もできる

紹介予定派遣は直接雇用になる事を前提とした働き方だと説明しましたが、必ず直接雇用にならなければならない決まりはありません

 

当然、直接雇用を断ることもできますし、断ったとしても何もペナルティーはありません。

 

派遣看護師と派遣先の双方が納得した上で直接雇用となるので、どちらかが納得しなければ直接雇用の契約をすることはありません。

 

紹介予定派遣から直接雇用になるナースは少ない

看護師派遣求人の多くが紹介予定派遣なのですが、直接雇用になる事を前提とした派遣求人であっても、実際に直接雇用に変更する人は少ないんですよ。

 

派遣看護師の経験がある人は、直接雇用ではなく派遣看護師を続けたいという方が多いですからね。

 

それは、派遣看護師の方が時給が高い、シフトの自由度が高い、退職交渉の煩わしさがない、派遣会社が守ってくれるなど、メリットがたくさんあるからです。

 

紹介予定派遣は長期派遣なので、紹介予定派遣で長期間働いて、派遣期間が切れる頃に次の派遣求人に決めるという方はたくさんいますよ。

 

派遣先の方も、派遣看護師の多くが直接雇用を希望していない事はわかっています

 

だから、希望条件が満たせないのみ無理に直接交渉になる必要はありませんし、ペナルティもありませんから安心してくださいね!