永年勤続で得をする事って言えば、ボーナスがフルで支給される事ですね。公立病院ナースの40年勤続の退職金は平均で2500万円だって。それなら何とか常勤で続けた方が良いよね!

看護師は転職が多いと言われています。
それには生活環境の変化も大きく関係しています。
女性は、結婚や出産をする事で働き方を変えざるを得ない場合があります。
それだけではなく、スキルアップや給料アップの為に転職する方も沢山います。
看護師の求人は常にいろいろな種類が沢山出ていますから、ライフスタイルに合わせて仕事を変える事が可能です。(^_=j=・&

 

しかし、永年勤続する事で得をする事もあるんです。
永年勤続をする事で昇給しますから、基本給がどんどん上がっていきます。
ボーナスは基本給がベースになっていますから、基本給が上がる事によってボーナスも高額になります。
でも、転職を重ねていると、基本給はなかなかあがりませんから、ボーナスにも響いてしまいます。
ボーナスというのは、年収に大きく響いてくるものです。
だから、永年勤続している事で、年収に換算すると大きな差が出てくるんです。
ボーナスを貰う事によって、大きな買い物ができますし、貯金を増やす事ができますから、家計にも大きく響いてきます。
永年勤続をしている事のメリットは、それだけではありません。
退職金についても基本給によって計算されますから、ボーナスだけではなく退職金も高額になります。
公立病院の場合、40年永年勤続すると、退職金が2500万円もらえるんです。
女性がこれほどの退職金を貰える職場というのは、他にはないと思います。(#^0^#)
生活環境が変化する事で、仕事にも影響してしまいますから、永年勤続するのは簡単な事ではありません。
でも、長年同じ職場で働き続ける事でのメリットは、とても大きいんです。
生活環境が変わっても働き続ける事ができるような、そんな職場が増えて欲しいと思います。