介護施設や老人ホームというと、介護士の働く職場というイメージを持っている方が多いと思うんですよね。

介護施設や老人ホームというと、介護士の働く職場というイメージを持っている方が多いと思うんですよね。

でも、介護士に比べると人数が少なくても、看護師の需要が高く、
利用者の健康管理をする為には必要な存在なんですよ。

老人ホームや介護施設にもいろいろな種類があって、介護の度合いも違ってくるんですよね。

介護老人保健施設というのは、もっとも介護度が高い施設で、入退院を繰り返している方が多く、
在宅できるようにリハビリなどを行なっています。

特別養護老人ホームも介護度が高い方が利用していて、看護師としての仕事が比較的に多い職場です。

有料老人ホームは、高齢者が生活している場であり、利用している方の健康管理が主な仕事ですね。(#^0^#)

今後、このような高齢者が利用する施設がどんどん増えてくると思いますね。

というのも、年々高齢化が進んでいる事で、施設を利用したくても一杯で利用できなくて、
待機している方が沢山いるんです。

それに合わせて、看護師の需要も高くなっています。

介護施設では、派遣看護師が沢山働いているんですが、メリットが沢山あるんですよね。

病院で働いているように、急変が頻繁に起こるといった事がないので、精神的に楽な気持ちで働けます。

それに、残業や夜勤が少ないので、身体の負担が少なくストレスも軽減されます。(^_^)

介護施設の勤務は、医療行為が少ないので、やり甲斐がないと思う方が沢山いると思うんです。

でも、高齢者は認知症、心臓疾患、脳の疾患など、いろいろな病気を抱えている方が多く、
一つの科にこだわった知識ではなく、看護師としてのいろいろな病気についての知識が必要になるんですよ。

コミュニケーションを取りながら、その人にあった看護ができる職場ですよ。

私は、派遣看護師として有料老人ホームで働いています。

有料老人ホームというのは、民間が運営している老人ホームの事です。

私が働いている老人ホームは、ワンルームのような個室に利用者が生活していて、
介護士が24時間常駐しています。

看護師は日中のみの勤務になります。

有料老人ホームは、公的機関が運営している介護施設に比べると、いろいろなサービスが行なわれていて充実しているので、
利用する場合の費用が高いんです。

だから、働く看護師の給料も、他の施設に比べると高い、というメリットがあるんですよね。(^_--)d

老人ホームでの看護師は、利用している方の健康管理が主な仕事です。

一人一人の身体の状態をチェックして、入浴の可否や食事の指導、活動の制限などを判断しています。

病院のような医療行為をする事はありません。

医療行為といっても、簡単な傷の処置といった程度です。

このように、有料老人ホームでは、看護師としての仕事は少ないので、介護士と一緒に介護の仕事をする事が多いんです。

それに、利用者の話相手をしたり、散歩に付き添ったり、コミュニケーションを取って、
気持ちをリラックスさせる事も大切な仕事です。

でも、医療行為が少ないと言っても、看護師としての重要な業務があります。

ドクターが常駐していないので、何か起きた時には看護師が判断をして応急処置をしなくてはいけません。

高齢者は若い人と違って、基礎疾患を持っていますし、抱えている疾患によって処置も違ってきます。

判断を間違ってしまったら命に関わる事もありますから、油断はできません。

そのような事からみると、ある程度病院で看護師の経験を積んでキャリアがある方のほうが、
スムーズに仕事ができますし、向いているかもしれません。

2015年7月 8日|