看護師1年目の嬉しかった経験

看護師1年目の嬉しかった経験

pixta_1557459_S.jpg
私が勤める大学病院では、新人看護師は、夏を目安に独り立ちをします。

初めて受け持ちの患者さんをつけてもらい、最初は、プリセプターと一緒に仕事をします。

私の職場は、働き方を、2交代か3交代か、選択できるようになっています。

そして、新人看護師の時には、6時から14時までの早出と、14時から21時までの遅出の勤務があります。

私の働いている循環器病棟は、急変の患者さんが多いのですが、私も7月頃に、症状の落ち着いている患者さんを受け持つ事になりました。

1年目の経験で嬉しかった事は、受け持ちの患者さんの症状が軽快し、退院した事です。

心筋梗塞の発作を起こし、緊急手術をした患者さんだったんですが、状態は悪く、シビアな予告がされていました。

しかし、入院中は、辛い治療に耐え、生きている事に常に感謝して、スタッフの私達にも感謝の気持ちを忘れない、とても感じの良い患者さんでした。

その後、奇跡的に症状が軽快し無事に退院する事ができました。

その患者さんは、退院する時、私達にとても感謝していました。

私の職場は忙しく、先輩もキツイ人が多いので、毎日がとてもハードです。

仕事に悩んで辞めたいと思う時もあります。

しかし、このような嬉しい事もあり、新人看護師にとって忘れられない出来事になりました。

2015年9月18日|