保育園看護師

こども好きには楽しい!保育園看護師メリット

メリット1・こども好きには嬉しい!成長を近くで見守れる


こども好きには嬉しい保育園看護師の仕事ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

保育園看護師は主に0歳児クラスの担当をするため、毎日かわいい赤ちゃんの成長を近くで見守ることができますよ。

 

0歳児クラス担当で癒される

保育園看護師は主に0歳児クラスの担当をします。

 

0歳児クラスは、赤ちゃんが9人以上いる園では、看護師を1人雇用することと決められています。

 

0歳児は、食事・排泄・就寝など、全てのおいて介助が必要です。

 

0歳児の特有の可愛らしさや、独特のミルクの匂いは、人を幸せな気持ちにさせてくれます。

 

フニャフニャの赤ちゃんを抱っこするのも癒しの瞬間です!

 

赤ちゃんならずっと見ていても飽きませんし、鳴き声も全てがかわいい存在ですね!

 

こどもの成長を実感できる

0歳児の成長は早く、昨日出来なかった事が今日はできるようになっていることがよくあります。

 

一生懸命歩こうとする姿や、大きなお尻でハイハイする様子など、赤ちゃん特有の可愛らしさがあります!

 

赤ちゃんの最初の一歩をお母さんより早く目撃することもあります。

 

日々成長する赤ちゃんを毎日見ることができ、こどもの成長に元気を貰う毎日ですよ(´∀`*)

 

保育のスキルが身につく

保育園看護師は看護スキルはほとんど必要ありませんが、保育のスキルは必要です。

 

保育園は医療機関ではありませんから医療行為は最小限ですが、看護師は保育士としての業務も行う必要があるのです。

 

そのため、日々こどもと接しているうちに、こども特有の疾患や発達段階などの知識がつき、どのような保育目標があり、どのように接していけば良いのかなどがわかってきます。

 

こどもは1人1人個性があり、ゆっくり成長する子、成長が早い子など様々です。

 

そのこどもの個性にあった保育や看護ができるように、知識をつけたいですね!

 

 

関連記事:(「保育園看護師のメリット☆体験談・口コミ」)では、体験談を通して保育園看護師をして良かったこと、楽しかったことを紹介しています。

 

 

 

メリット2・土日祝日は休み!時短勤務も可能で働きやすい


保育園看護師は土日祝日休みとなる事が多いです。

 

土曜日のみ隔週で勤務という園もありますが、出勤日は希望に沿う事ができるので、土日祝日休みが可能です。

 

また、時短勤務も可能なので、ライフスタイルに合わせて働くことができますよ(´∀`*)

 

土日祝日は休みだから家庭と仕事の両立が可能

保育園看護師は30〜40代の方が活躍しており、家庭を持ち、育児中である方が多いです。

 

自分のこどもを同じ園に預けながら保育園で働けるのは、保育園看護師ならではのメリットですね。

 

土日祝日が休みなので、家庭と仕事の両立が可能です。

 

ママさんナースなら、土日祝日はこどもとゆっくり過ごしたいですよね?

 

保育園看護師なら、シフト希望に沿うことができるので働きやすいと思います(´∀`*)

 

午前のみ午後のみの時短勤務が可能

看護師が複数人いる保育園では、午前のみ午後のみの時短勤務が可能です。

 

看護師が1人しか在籍していない園でも、事前に希望を出すことで時短勤務にする事ができますよ。

 

保育園看護師は非常勤ナースが大半なので、それぞれが勤務時間が異なります。

 

看護師が不在になる時間帯は、主任や園長などが看護師業務をすることもあります。

 

ほとんどの保育園で、看護師は15時前後までの時短勤務をしている方が多いです。

 

ライフスタイルに合わせて働き方を変える

家庭のあるママさんナースが多い保育園看護師は、家庭の事情に合わせて働き方を変えています。

 

こどもが小さいうちはシフトの自由度が高い派遣ナースとして保育園で働き、こどもが小学校に上がったらフルパートや常勤に変更するという方も多いです。

 

派遣看護師なら週1回からの勤務が可能ですし、ライフスタイルに合わせて直接雇用になることもできます。

 

女性は家庭の事情や子育てなどで思うように働けない時期がありますよね?

 

でも、派遣看護師ならライフスタイルに合わせて働き方を変える事ができるのでオススメです。

 

メリット3・医療行為がないからブランクナースや未経験ナースも安心


保育園は医療機関ではありませんから、医療行為はほぼありません

 

それに、ほとんどの方が小児科病棟やクリニックを未経験で保育園看護師をスタートします。

 

小児科病棟やクリニックの経験がなくても、難しい医療行為は一切ありませんから未経験ナースにも安心です。

 

ブランクナースでも、難しい業務は一切ありませんから安心して働く事ができます。

 

医療行為がないから精神的に楽!

医療行為の多い職場は、医療ニーズの高い方が多いので、常に緊張感があり精神的にきついですよね!?

 

でも、保育園は医療機関ではありませんから、医療行為はほぼありません

 

医療行為がないから、急変のリスクに怯える必要もありませんし、難しい医療技術を覚えるために勉強したりセミナーに参加する必要もないので、精神的に楽です。

 

医療行為の少ない職場は精神的に楽なので、穏やかな気持ちで過ごすことができるので、ストレスも溜まりません。

 

 

医療行為がないからブランクナースでも安心

私はブランク7年で保育園看護師を始めました。

 

久しぶりの職場復帰で不安でしたし、全く未経験の保育園で働けるかな?と不安はありましたが、難しい医療行為を覚える必要がないので気が楽です。

 

ブランクナースの不安って、注射や点滴などの医療行為ですよね?

 

でも保育園看護師は、注射や点滴は必要ありませんし、看護ケアよりも保育ケアの面の方が強いです。

 

私はこどもが大好きなので、ストレスなく働ける今の保育園の環境に助かっています(´∀`*)

 

難しい看護ケアは不要だから未経験でも安心

保育園看護師の主な業務は、園児やスタッフの健康管理です。

 

とは言っても、看護ケアをする場面よりも保育ケアをする場面の方が多いです。

 

こどもの代表的な疾患や発達段階を知る事で、異常の早期発見に繋がります。

 

必要な看護ケアは食事のサポートや、バイタルチェックくらいでしょうか。

 

難しい看護ケアも必要ありませんから、小児科病棟やクリニックが全くの未経験でも問題ありませんよ(´∀`*)

 

派遣で働きたい!保育園看護師の働き方

紹介予定派遣で保育園看護師がしたい


派遣看護師の働き方には、長期で働く「紹介予定派遣」、期間限定で働く「短期派遣」、1日限定のスポットで働く「単発派遣」の3つの働き方があります。

 

紹介予定派遣は、概ね6ヶ月以内に直接雇用(パートやバイトなど)になる事を前提に派遣をスタートする働き方です。

 

派遣看護師からスタートする事で、本当にその職場が自分に合っているのか、職場の労働環境や人間関係などを自分の目で確かめることができます。

 

看護師転職の失敗は、「実際に働いてみたら、求人票とぜんぜん違っていた!」ということです。

 

紹介予定派遣なら、実際に職場の様子を見てから直接雇用になるのか、派遣看護師を続けるのかを決めることができるので、転職の失敗を防ぐことができますよ(´∀`*)

 

ただ・・・、派遣看護師をスタートする時はどこの派遣会社を利用しても良いわけではありません!

 

保育園看護師を希望するなら、保育園看護師の求人に力を入れている看護師派遣会社がオススメです。

 

メディカルコンシェルジュは、保育園看護師の求人に力を入れている看護師派遣会社です。

 

 

短期派遣で保育園看護師がしたい


派遣看護師のメリットは、派遣期間を自分で選択できるということです。

 

派遣看護師は、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月など、短期間だけ働きたい方には最適な働き方です。

 

保育園看護師は短期派遣の募集もあります。

 

保育園看護師が多忙になるのは、健診の時期、冬の感染症が流行る時期、進級の時期です。

 

多忙になる時だけ期間限定で働いて欲しいという要望もあります。

 

例えば、年度途中で退職をしてしまい、次の仕事までの繋ぎとして短期間働きたいという方には、短期派遣がオススメです。

 

また、派遣看護師のメリットは退職交渉をする必要がない点です。

 

派遣看護師は、派遣期間が決まっているので、派遣期間が終了したら、派遣の更新をするか、辞めるかのどちらかを選択します。

 

派遣期間が来たら自然と辞めることができるので、退職交渉の煩わしさがありません。

 

 

関連記事:(「派遣看護師なら短期勤務が可能☆保育園看護師の働き方」)では、3ヶ月の短期派遣で保育園看護師をした体験談を紹介しています。

 

派遣先から派遣の延長・更新を依頼されることがありますが、断りにくかったら、看護師派遣会社のコンサルタントに断っていただくこともできます。

 

もう1つ、短期派遣のメリットとして、職場の人間関係の悩みが最小限で済みます。

 

派遣ではなくバイトやパートの場合は、雇用期間は決まっていないので、人間関係の悩みがあっても我慢する必要があるかもしれませんが、短期派遣なら派遣期間が決まっているので、人間関係の悩みがあっても「もうすぐ仕事が終了するから」という理由で、気楽に構えることができます(´∀`*)

 

保育園看護師の短期派遣なら、保育園看護師の求人に力を入れている、メディカルコンシェルジュがおすすめですよ!

 

 

単発派遣で保育園看護師がしたい

どこの保育園も看護師が不足しており、イレギュラーでも良いから働いて欲しいのが本音です。

 

年度途中での退職や、忙しい時期のお手伝いとして、単発派遣の募集がされることもあります。

 

単発派遣は、基本的には1日限定のスポット派遣ですが、都合のつく日をイレギュラーに選択することができます。

 

看護師派遣会社に、事前に自分の都合のつく日にちを伝えておくと、希望に合った保育園看護師の求人をピックアップして紹介してくれますよ!

 

単発派遣の場合は、他の看護スタッフの手助けとして雇われることが多いので、0歳児クラスの担当や、園全体を担当することが多いです。

 

単発のスタッフは、保健だよりの作成や相談業務、そのほかの看護業務を行うことは難しいので、各クラスに入り、体調不良になったこどものケアをしたり、こどもたちの状態観察、遊び相手など、フリー業務で入ることが多いです。

 

単発のスタッフには難しい業務を任せることはできないので、短調な業務を依頼されることが多く、未経験やブランクナースでも安心して働くことができますよ!

 

メディカルコンシェルジュは、保育園看護師の求人に力を入れている看護師派遣会社です。

 

 

保育園看護師の勤務時間について

保育園は、園によって開所時間・閉所時間が異なります。

 

早朝保育や延長保育もあり、看護師が不在になる時間帯もあります。

 

保育園看護師は基本的に日中のみの仕事を行います。

 

勤務時間は、8時30分〜17時の間で6〜8時間程度で募集をしていることが多いです。

 

看護師が不在となる時間帯は、園長や主任が緊急時対応をするケースが多いですね。

 

派遣看護師は時短勤務は可能?

保育園で派遣看護師をする場合は、出勤時間を選択することができます。

 

派遣看護師は、出勤時間など労働条件に関する希望は、看護師派遣会社を通して要望を伝えます。

 

そして、看護師派遣会社のコンサルタントが、保育園側を交渉をして出勤時間の決定をします。

 

保育園看護師は時短勤務が可能で、午前中のみ午後のみと言った働き方もできます。

 

時短勤務を希望する方は、育児中のママさんナースや、家庭のあるナースが多いので、残業があるのは困ると思います。

 

派遣看護師は派遣会社に雇用されているので、保育園は派遣看護師に残業をさせることができません

 

派遣看護師は派遣開始の前に雇用契約を結び、労働時間の契約がされます。

 

この労働契約の通りに働くことと決められているため、残業なく帰ることができます。

 

派遣看護師は派遣会社に守られているので、不当な残業には抗議することができますし、10分単位で残業代の請求をすることもできるので安心です。

 

看護師派遣会社でコンサルタントの質が高いのはメディカルコンシェルジュです(´∀`*)

 

 

保育園看護師の休日について


保育園看護師は、土日祝日が休みというスタイルが多いですね。

 

保育園によっては毎週土曜日は開所しているという園、土曜日は隔週で開所している、土曜日は午前のみ開所しているなど、対応は様々です。

 

保育園看護師は基本的には週休2日制で、土日祝日は休みを取ることができます。

 

保育園看護師は30代〜40代の方が活躍されており、家庭と仕事の両立を希望される方が多いので、土日祝日休みはありがたいですね(´∀`*)

 

土日祝日は休み!

私が以前派遣ナースをしていた保育園は、土曜日は隔週で開所して、土曜日に登園するこどもは事前申請が必要となっていました。

 

土曜日は、こどもの人数がとても少なく、少ない保育士のみで対応できます。

 

土日祝日は、看護師に休んでもらっても大丈夫なくらい、こどもの人数が少ないです。

 

毎週土曜日は開所しているという園では、看護師が複数の場合はローテーションで出勤することになります。

 

大規模園では看護師が2人体制のところもありますし、派遣看護師の場合は複数で勤務していることが多いです。

 

園によってはローテーションで土曜日勤務があるケースもありますが、派遣看護師を始める前に「土日祝日休み」という希望を出せば、希望の条件で働くことができますよ(´∀`*)

 

長期休暇を取ることもできる

保育園看護師が複数いる園では、長期休暇を取ることができます。

 

保育園はお盆や年末年始は休園となるため、大型連休の後に休み希望を入れることもできます。

 

派遣看護師ならライフスタイルに合わせて働き方を変えることが出来るので、こどもの長期休みに合わせて休暇を取りたいという要望も応えることができます。

 

夏・冬の長期休みは、こどもを優先したいですよね?

 

派遣看護師なら、ライフスタイルに合わせて働くことができるので、家庭と仕事の両立が可能ですよ(´∀`*)

 

休み希望が通る

派遣看護師は休み希望を出したい時は、派遣会社のコンサルタントに伝えると、変わりに休み希望をだし、シフトの調整をしてくれます。

 

休み希望ってなかなか出しにくいですよね。。。

 

でも、派遣看護師なら派遣会社が全てサポートしてくれるので気が楽ですね!

 

保育園看護師は、平日はずっといなければならない!私が休んだら代わりがいない!なんて心配はありません。

 

看護師が不在時の緊急事対応のマニュアルは各園でしっかりと作ってあります。

 

看護師が不在でも、園長や主任は緊急時対応をすることになっているので安心して休んで大丈夫ですよ(´∀`*)

 

派遣看護師としてライフスタイルに合わせて働くなら、コンサルタントの質が高い派遣会社を利用することをおすすめします!

 

メディカルコンシェルジュはコンサルタントの質が高いのでおすすめですよ。

 

保育園看護師なら派遣スタートが良い理由!

派遣看護師からスタートすると好条件で働ける理由!


派遣看護師の給料アップや労働条件の交渉は全て、派遣会社が代行すると説明しましたね。

 

派遣看護師からスタートする時は、給料や労働条件が良い状態で引き受けることになります。

 

どんなに良い条件で派遣を引き受けても、直接雇用になった途端に、時給は下がり、労働条件も厳しくなるのが一般的です。

 

でも、時給の下げ幅は派遣からスタートした人と、最初から直接雇用の人とは違うんです!

 

バイト・パートの時給は、派遣からスタートした人の方が、最初から時給が高くなるんですよ。

 

また、直接雇用になる際に、派遣会社が給料アップ交渉をしてくれるので、給料の下げ幅が少なくなります(´∀`*)

 

好条件で働きたいなら派遣看護師からのスタートをおすすめします。

 

 

関連記事:(「保育園看護師なら派遣スタートがおすすめ☆派遣ナース体験談」)では、体験談を通して派遣看護師のメリットを紹介しています。

 

 

どこの派遣会社を選んでも好条件の求人で働けるワケではありません。

 

大手の看護師派遣会社では、サポート力や交渉力が高いので、好条件で働きたい方におすすめです!

 

大手の看護師派遣会社なら、コンサルタントのサポート力が高いメディカルコンシェルジュがおすすめですよ(´∀`*)

 

 

派遣看護師の仕組みについて

派遣看護師の雇用主は派遣会社

派遣看護師の雇用主は派遣会社です。

 

派遣看護師として働く時は、派遣会社に登録をして、雇用契約を結びます。

 

派遣会社に登録することで、派遣会社はあなたに代わって派遣求人の紹介が可能になります。

 

給料・ボーナスは派遣会社から支給

派遣看護師は派遣会社に雇用されているので、給料やボーナスは派遣会社から支給されます。

 

その他にも福利厚生や社会保障などは、派遣会社から受けることができます。

 

派遣会社によって規模や待遇が違い、大手の派遣会社の方が待遇がよく、福利厚生が充実していることが多いです。

 

派遣先は派遣会社を通して求人依頼をする

派遣先は派遣会社に派遣求人の依頼をします。

 

派遣会社は、希望条件に合う派遣看護師に求人紹介をします。

 

派遣先は、派遣会社に紹介料を支払い派遣看護師を仲介してもらいます。

 

派遣看護師の仕事の契約が決まったら、派遣先は派遣会社に手数料を支払います。

 

派遣先と派遣看護師が直接関わることはない

派遣看護師は派遣会社のコンサルタントを通して仕事の紹介をしてもらうため、派遣先の方と直接会うことはありません

 

バイトやパートのように職場との面接もありません

 

長期派遣である紹介予定派遣の求人では、派遣看護師の事前面接をすることができますが、短期派遣や単発派遣、産休代替え派遣では、派遣先は派遣看護師の雇用の可否を判断することはできません。

 

転職歴が多い人、ブランクが長い人、未経験の人など、面接では不利になる条件の人でも、派遣会社を通せば雇用の可否を判断することはできないので、面接が苦手な方には派遣は最適ですね。

 

 

派遣看護師とバイト・パート看護師との違い

派遣看護師は時給が高い

派遣看護師とバイト・パート看護師の一番の違いは雇用形態だと説明しました。

 

派遣看護師の雇用主は派遣会社ですが、バイト・パート看護師の雇用主は職場です。

 

派遣会社は派遣先からの紹介料や手数料をもらい、派遣看護師の紹介をしています。

 

派遣看護師の時給は派遣会社が支給するので、時給を上げることもできます

 

派遣先から提示された時給に加えて、派遣会社が紹介料・手数料の一部を看護師に還元するのです。

 

つまり、同じ職場で同じ仕事をしていても、利用する派遣会社によって時給が異なるということです。

 

派遣看護師の時給は、バイト・パート看護師よりも200〜500円高くなります

 

時給が200〜500円も違うと、月給にすると数万円の差になりますよね。

 

同じ職場で同じ仕事をするなら、バイト・パート看護師よりも派遣看護師の方がメリットが大きいと言えますね(´∀`*)

 

休み希望は派遣会社が代行する

バイト・パート看護師は、休み希望を出す時は職場に直接希望を出しますよね?

 

でも、派遣看護師は雇用主は派遣会社になるので、休み希望は派遣会社に伝え、派遣会社が派遣先と休みの交渉をします。

 

休み希望って遠慮してなかなか伝えられなかったりしませんか?

 

でも派遣看護師なら、派遣会社に伝えるだけなので、気軽に伝えることができます。

 

派遣看護師のシフト調整は派遣会社が代行するので、休みの希望がある時は、担当のコンサルタントに伝えましょう。

 

派遣看護師は、バイト・パート看護師よりもシフトの自由度が高いのが魅力ですね(´∀`*)

 

労働条件の交渉は派遣会社が代行する

出勤日数や出勤時間などは、派遣会社が代行して条件交渉をしてくれます。

 

派遣看護師は派遣会社のスタッフなので、労働に関する希望や相談は全て派遣会社のコンサルタントが代行します。

 

出勤日数を減らして欲しい、時短勤務が良い、長期の休暇が欲しいなど、希望があってもなかなか伝えにくいことでも、派遣会社が代行するから気軽に相談できます。

 

派遣会社は労働条件の交渉を日常的に行っているので手馴れたものです。

 

交渉力のある看護師派遣会社なら好条件が期待できますよ(´∀`*)

 

大手の看護師派遣会社ならコンサルタントのサポート力や、交渉力が高いので、好条件が期待できますよ!

 

大手の看護師派遣会社の中でも、メディカルコンシェルジュは好条件の派遣求人が多いのでおすすめですよ。

 

 

派遣看護師は同じ職場で3年以上働けない!


派遣看護師は労働者派遣法により、同じ職場では3年以上働くことができません

 

労働者派遣法は、看護師の安定した職場の獲得のための法律なので、ずっと派遣を続けることをマイナスと捉えているのです。

 

でも、実際は派遣看護師の多くが、時給が高くシフトの自由度も高い派遣看護師をずっと続けたいと思っています。

 

派遣看護師のニーズと、派遣法の内容がミスマッチですよね。

 

いちど派遣看護師をすると、ずっと派遣看護師を続けたい!と思う方が多いのも当然で、バイトやパート看護師と比べると働きやすい条件が揃っています。

 

同じ職場で派遣看護師を3年以上は続けられないと説明しましたが、これは1人の看護師に対してだけではなく、同じ職場に派遣されている全ての看護師の派遣期間をトータルで見ています。

 

つまり、同じ職場に派遣看護師が複数いる場合は、最初に派遣をスタートした看護師の派遣開始日から3年が派遣として働ける期間となります。

 

あなたが派遣を開始した日が、最初に派遣をスタートした看護師が派遣を開始してから2年6ヶ月がたっていたら、あなたは6ヶ月しか働くことができません。
これを派遣の抵触日と言いますが、抵触日は派遣看護師だけでなく、派遣先にも抵触日が存在することになります。

 

派遣求人を出している職場では、複数の派遣看護師を受けいれている可能性が高いので、丸々3年間を派遣として働くのは難しいのです・・・。

 

派遣期間が終了したら、直接雇用になるか、他の派遣求人を探しかの二択になります。

 

派遣看護師の多くがずっと派遣看護師を続けたいと思っています。

 

ずっと派遣看護師を続けたいなら、大手の看護師派遣会社を利用することをおすすめします。

 

メディカルコンシェルジュのような大手の看護師派遣会社なら、好条件の求人が常にたくさんあるので、働きたい時すぐに希望の求人を見つけることができますよ(´∀`*)

 

 

派遣で保育園看護師をするメリット


保育園看護師をするなら派遣看護師からスタートした方が、メリットがたくさんあります。

 

保育園看護師は、保育園の現場の側でもまだまだ看護師の役割や存在意義などが園によってもバラバラで、看護師の受け入れ体制が整っていない園が多いというのが実感です。

 

そのため、実際に保育園看護師として働いたけど、イメージや希望とは全く違った・・・・というケースが多いのです。

 

そうならないためには、派遣看護師からスタートすることをおすすめします(´∀`*)

 

職場の内部事情を知ることができる

職場の内部事情は、実際に職場で働いてみないと分からないのが本音です。

 

事前に職場の内部事情を知ることで、本当に自分の条件に合っているのか、本当に働きたい職場なのか、職場の人間関係や業務内容などを深く知ることができます。

 

派遣看護師のメリットは、派遣期間を自分で選択できることです。

 

もっと働きたいと思えば派遣期間を更新すれば可能ですし、早く辞めたいと思えば派遣期間と同時に更新を辞めれば良いだけです。

 

バイトやパートのように退職の手続きや退職交渉の必要もないため、気軽に働くことができます。

 

また、派遣期間を終了する時や、直接交渉の打診を断る時には、派遣会社が意思表示を代行してくれるので、断りにくいなど遠慮する必要もありません。

 

派遣看護師は派遣会社に守られているので、働きやすい職場はずっと働けば良いし、合わないと思った職場からは自分の意思で早く辞めれば良いので、精神的な負担も少ないですよ(´∀`*)

 

看護師の業務内容や役割は園によって違う!

保育園に看護師を配置するようになってそれほど経っていないということもあり、園によっては看護師の受け入れ体制が整っていないこともあります。

 

看護師には看護師にしかできない業務を担当してもらうという園、看護師も保育士の補助の1人というスタンスの園、園や管理者によって考えは様々です。

 

看護師の受け入れ体制ができていない園では、園に1人か2人しかいない看護師はとても肩身が狭いです。。。

 

保育園では大多数が保育士ですから、看護師が肩身が狭いのは仕方がありませんが、看護師の存在意義や役割がはっきりしていない園では、スタフも看護師に対してどのように接すればよいか分からなくなりますからね。

 

この仕事は看護師に任せても良いの?看護師は一体何のためにいるの?と、看護師の存在意義や役割が分からなければ、職場のスタッフも看護師をなかなか受け入れられないですよね。

 

少数派の看護師は、職場のスタッフに受け入れてもらえないと辛いですよね。。。

 

でもこれは、保育園看護師なら誰もが経験するくらい日常的なことです。

 

保育士が看護師とどのように接すれば良いのか分からない・・・これが一般的なのです。

 

管理者が看護師の受け入れに積極的で、看護師の存在意義や役割についてマニュアルを作っていたり、職場で共通認識が持てるように努力してくれれば、対応は全く変わってきます。

 

派遣看護師なら、お試しで職場に入ることができます。

 

園の考え方や看護師の受け入れ態勢を知ることができますよね!

 

看護師派遣会社なら、園の様子や看護師の受け入れ態勢、看護師の業務内容や役割について、事前にしっかりと調べることができます。

 

看護師派遣会社なら、看護師の受け入れ態勢が整っている園を紹介することが可能です(´∀`*)

 

保育園看護師は常勤も派遣も業務は同じ

派遣看護師は、常勤やパート看護師と業務内容も責任も全く同じです。

 

派遣だから責任の重い仕事は任せないとか、派遣だから業務内容に差があるということはありません。

 

一般的は派遣スタッフは、常勤は常勤にしかできないクリエイティブなことをしてもらい、派遣は誰でもできるような流れ作業を依頼するということが多いですね。

 

派遣はいくらでも代わりがいるという考え方があるから、このような働き方になってしまいます。

 

でも、派遣看護師は雇用形態が違うだけで、常勤でも派遣でも役割や業務内容に変わりはありません

 

だから、仕事へのやりがいを感じることもできますし、なによりも派遣だから・・・と卑屈になる必要もありません。

 

同等と派遣看護師として活躍することができますよ(´∀`*)

 

 

派遣で保育園看護師をするデメリット


保育園看護師だけがの役割は、園児と職員の健康管理をするだけにとどまりません。

 

こどもを健やかに育成するためにも、地域住民との関係性を深め、園に対する理解を深めてもらうことも大事な役割です。

 

近隣住民に対して、積極的に関わることも大事な役割です。

 

また、園の嘱託医や救急指定病院との連携も必要になります。

 

園の外の人との関係も大事というわけですね!

 

嘱託医との関係が築けない

園の健診の時や、緊急時などにお世話になる嘱託医は、期間限定で働いている派遣看護師として接する機会は限りがあります。

 

常勤看護師なら日頃から嘱託医との信頼関係を作ることが可能ですが、派遣看護師では嘱託医との接点が少ないこともあり、信頼関係を作る機会が少ないのがネックです。

 

でも、緊急時や健康・発達相談などで、嘱託医が必要な時もあります。

 

そんなときに、信頼関係のある看護師の方が、話がスムーズに進みます。

 

常勤看護師なら日頃から子供たちに接しているので、普段の子供の様子も知っていますから、緊急時に普段の子供の様子を即座に応えることができます。

 

でも、派遣看護師では常に子供達を見ているわけではないので、普段のこどもの様子を把握していないこともありますね。

 

日頃から、近隣住民や嘱託医との関係が築けるように、積極的に話しかけたり、挨拶をするなど、自分から相手に接する努力も必要かなと思います。

 

期間限定派遣では職場に馴染めない

派遣看護師は期間限定のスタッフなので、短い期間やイレギュラーな出勤では、職場のスタッフと馴染めないこともあります。

 

週3日勤務の人、時短勤務の人よりも、週5日勤務で1日8時間労働の常勤看護師の方が職場に馴染めるのは当然ですよね。

 

派遣看護師は出勤曜日がイレギュラーなこともあり、現場では「あの看護師さんはいつ出勤するのか分からい人」という目で見られてしまうこともあります。

 

保育園には看護師は1人2人しかいないので、余計に馴染めないということもあると思います。

 

保育園ではどこも看護師不足でなかなか定着しなくて苦労しています。

 

だからこそ、看護師が働きやすい職場作りに取り組んでいる園もあります。

 

そのような園なら、看護師も働きやすいですし、保育士にとっても看護師にとっても良い環境ですよね。

 

看護師派遣会社を利用すれば、職場の人間関係や受け入れ態勢などを事前に知ることができます。

 

また、看護師派遣会社を利用すれば、現役看護師からの評判の良い保育園を知ることができるので、転職の失敗を防ぐことができますよ(´∀`*)

 

派遣の受け入れ体制がない園もある

看護師の受け入れ態勢が整っていない園では、看護師の業務内容や役割を保育士や園が理解していません

 

だから、「この仕事は看護師にお願いして良いの?」と分からないから頼まないという状況になってしまい、保育士からすると「看護師は何で保育園にいるの?いる意味が分からない・・・。」となり、頼みたいことがあっても声をかけてもらえません。

 

看護師の受け入れ態勢が整っている園では、看護師の役割や業務内容についてのマニュアルがあります。

 

また、保育士に対しても看護師の役割や業務内容について周知してくれているので、看護師にとっても保育士にとっても働きやすい環境です。

 

看護師の受け入れ態勢がない園では、せっかく医療職の看護師がいるのに持て余していて、雑用ばかり依頼されて、保育士にとっては看護師の存在意義が分からず、看護師にとってはやりがいのない職場となってしまい悪循環です。

 

看護師派遣会社を利用すれば、看護師の受け入れ態勢や役割、業務内容を知ることができるので、転職失敗を防ぐことができますよ(´∀`*)

 

保育園看護師は大変で続かない?保育園看護師の悩みを調査

保育園看護師の悩み☆職場の人間関係


保育園には派遣看護師が複数名いたり、常勤看護師と非常勤看護師が2人でローテーションしていることもあります。

 

園の規模によって看護師の配置人数が変わります。

 

看護師が複数いれば、看護師同士の人間関係が出てきますよね。

 

看護師が複数いれば、シフトはローテーションになることが多いので、シフトの偏りや不都合が出てきます。

 

土曜日の出勤はNGの人、15時以降の勤務はNGの人、週3日しか働けない人など。。。

 

最初からこのような労働条件で雇用されたなら問題ないのですが、一緒にローテーションを組むほうは、「楽して良いな〜」とか「ズルい!私ばっかり大変!」のように思ってしまうこともあります。

 

1人の看護師だけ負担が大きくなってしまったり、仕事量に偏りが出てしまうと反発したくなりますよね。

 

保育園看護師は、看護師が1人2人しかいないので、看護師同士の対立は避けたいものですね。。。

 

看護師派遣会社なら、現役看護師のリアルな体験談をもとに、職場の内部事情を調べることができます。

 

職場の人間関係や雰囲気などを事前に知ることで、転職の失敗を防ぐことができますよ(´∀`*)

 

保育園看護師の悩み☆保護者とのトラブルやクレーム

保育園看護師は、保護者からの健康相談や発達相談を行うこともあります。

 

ちょとした言葉のやり取りで誤解を生み、保護者からのクレームに繋がることがあります。

 

発達に関しての相談をしてくる保護者は、とてもナイーブになっています。

 

ちょっと言葉足らずで傷つけてしまったり、悩みがより深くなってしまったり。。。

 

保育園看護師は保育の知識はもちろん必要ですが、保護者との接し方の知識も必要です。

 

こどもに多い疾患や、こどもの成長発達に関する知識などはとても重要ですね(´∀`*)

 

 

保育園看護師の悩み☆保育士とのトラブル


保育園は大多数が保育士が締めていて、看護師は少数派です。

 

同業種なら悩みも理解できますが、異職種だと悩みを理解することができません。

 

看護師には同期が1人もいないような状況とも言えます。

 

保育士とのトラブルの多くが、保護者からの看護師に対するクレームを保育士が代わりに受けているということが多いです。

 

園での体調不良などは看護師から保護者に連絡をしたり経過報告をしますが、体調不良時の対応や連絡方法にクレームを入れる保護者が多いのも事実です。

 

例えば発熱のこどもがいれば保護者に連絡して、早めに迎えに来るように伝えますが、「仕事が抜けられないんだから、園のほうで様子を見ていて欲しい」とか「看護師がいるんだから、体調不良の時は看護師に対応してほしい」と思う保護者がいるんですね。

 

保育園は仕事をしている親が大半なので、こどもの体調不良で呼び出しがあった時は、会社で肩身の狭い重いをすることも十分にわかっています。。
そんなクレームを直接看護師に言うのではなく、クラス担任の保育士や主任に言ってくることもあります。

 

保育士だって、看護師に対するクレームを自分に言われたら嫌な気持ちになりますよね?

 

保育園では看護師と保育士の連携はとても大切なので、お互いが良い関係を築けるように歩み寄ることも必要ですね。

 

園によっては保護者からのクレーム対応マニュアルが徹底しているところもあります。

 

クレーム対応マニュアルがしっかりと作られている園では、保育士と看護師の関係も良好に保てますね(´∀`*)

 

園によって待遇が全く違うので、保育園看護師は事前に職場の内部事情をしっかりと調べることをおすすめします!

 

 

保育園看護師のデメリットは?


保育園は医療機関ではないので、一般の病院や施設での看護師の業務内容や役割と異なる部分が大きいです。

 

一般病院や施設との違う点がメリットとなるケースもあれば、デメリットになるケースもあります。

 

では、保育園看護師にとってのデメリットと、デメリットをメリットに変える方法について見てみましょう(´∀`*)

 

医療処置がほぼないからスキル低下する

保育園では、医療行為がほぼ必要ありません

 

看護師は看護師としての業務よりも保育業務の方が多いです。

 

保育園看護師の主な役割は、こどもの健康管理と異常の早期発見なので、保育をしながらこどもたちの健康管理をします。

 

緊急を要する怪我や病気などで救急受診や救急搬送が必要になることもありますが、看護師は救急受診の必要性や救急車要請の必要性を判断するのが役割で、難しい医療行為を求められません

 

医療行為がほぼないことから精神的に楽な面や、新人ナース・新卒ナース・ブランクナース・未経験ナースでも安心して働けるというメリットもあります。

 

 

関連記事:(「保育園看護師の悩み!新卒・新人ナースでも保育園で働きたい」)では、新人ナースが保育園選びで注意することについて紹介しています。

 

 

でも逆に、医療行為がほぼ必要ありませんから、スキル低下は免れません

 

派遣看護師なら派遣会社でのスキルアップセミナーなどに定期的に参加することができるので、知識を高めたり、看護技術の勉強などができますが、スキルは現場で実際に経験しながら学んでいかなければ意味がありません。

 

今後は医療機関への復帰を考えていないという方は、スキル低下しても支障はありませんが、いずれは医療機関への転職を考えているという方には保育園看護師は向いていないかもしれません。

 

他の職場への転職は難しい

保育園看護師はとても素晴しい仕事ですが、看護師の役割や業務の範囲が限られていること、医療行為がほぼ必要ないことなどから、他の職場への転職は難しくなってしまいます

 

保育園看護師としての仕事は経験年数には入らないこともあります。

 

履歴書では保育園看護師としての経験を書けますが、転職先では経験年数とは見てもらえません

 

せっかく働いても、経歴として認めら貰えない可能性が高いのです。

 

そうなると、転職をする際に、経験が浅い看護師と認識されるため、基本給は安くなってしまいます

 

基本給は、年齢ではなく経験年数で判断されますよね?

 

経験を積んだと思っていても、経験年数が少ないと判断されれば、それだけ基本給は安く設定されてしまいます。

 

他の職場へ転職する時に不利な面もありますが、保育園看護師でなければ得られない経験や知識もあります。

 

小児科病棟や小児科クリニックなどでは、転職に有利に働く可能性もありますし、実際に職歴としてプラスとなる可能性が高いです。

 

転職を考えるなら小児科病棟や小児科クリニックが良いかもしれませんね(´∀`*)

 

医療者だからと頼られて、重い責任を負わされる

保育園では看護師は1人2人しかいません。

 

医療職は看護師しかいない状況なので、医療的な知識が必要な場面では頼られることが多いです。

 

体調不良のこどもへの対応、感染症が流行る時期の対応など、看護師としての知識が必要です。

 

でも、対応を間違ってしまうと、看護師としての責任を負わされる可能性も高いです。

 

救急搬送の必要性を謝って判断してしまったり、逆に救急搬送の必要性がないのに救急車を要請してしまったり。。。

 

近隣の医療機関や嘱託医は、何度か判断ミスをすると「またあの保育園の看護師はミスをした・・・。」というネガティブな目で見てきます。

 

保育園としては、それは避けたいですよね。。。

 

保育園としては看護師には的確に仕事をしてほしいところですが、医療職だからと過度に期待されたり、重い責任を負わされるのも辛いですよね。

 

保育園看護師は急変時対応のマニュアルをしっかりと確認をすること、こどもの救急受診や救急車要請の目安をしっかり把握することが大事です。

 

看護師派遣会社では、保育園の看護師業務や役割、看護師の受け入れ体制などを事前に調べることができ、これらを事前に知ることで、看護師は自分の身を守ることができます。

 

緊急時マニュアルがしっかりとされており、職員間でもしっかりと周知されている園や、園内の勉強会を定期的に行っている園では、看護師に一方的に責任を負わせることはしません。

 

園の考え方や、責任の所在など、事前にしっかりと確認したいですね(´∀`*)

 

 

保育園看護師の役割について教えて!

役割1・園児・職員の健康管理と体調不良時の対応


保育園看護師の役割で最も大切なのは、こども・職員の健康管理です。

 

健康管理のために看護師は保育補助などに入りこどもと接しながら、異常の早期発見に努めます。

 

体調不良があった時は、体調不良の原因や対応について考えます。

 

感染症が流行っている時期の体調不良は、他のこどもへの感染拡大を予防するため、感染時マニュアルを参考にしましょう。

 

また、体調不良のこどもの保護者への連絡や、お迎えまでの間のケアを行います。

 

 

役割2・感染症の拡大を防止する


保育園では低年齢のこどもが在籍していることで、感染症の拡大がしやすい環境です。

 

毎年必ず見られるこども特有の感染症や、季節柄見られる感染症など、事前に予防対策を徹底させます。

 

保育園看護師の役割に保健指導がありますが、保健指導ではこどもたちに、うがいや手洗いの方法をイラストなどを使って教えます。

 

感染症が流行る前に感染症予防のための保健指導を行い、保健だよりでも感染症予防の徹底について周知させましょう。

 

園内で感染症が拡大した場合の人数や症状を把握し、集計を出します。

 

感染症が発症した場合の登園の目安や、家での過ごし方など保護者に対しての指導も行います。

 

 

役割3・低年齢児の保育補助


保育園看護師は主に乳児クラスの保育補助を担当することが多いです。

 

日中は乳児クラスを担当し、1日お世話を行いながら健康管理をします。

 

乳児は体調不良を自分で訴えることができないので、普段と違う様子はないか?検温はどうか?保護者からの報告事項はないか?などトータルで全身状態の観察を行います。

 

保育補助では、食事・排泄・寝かしつけ・遊びなど、保育全般に関わります。

 

乳児クラスの担当は、赤ちゃんやこどもが好きな人にとってはとても癒される場所です。

 

大変な面もありますが、かわいい赤ちゃんに癒されるという方が多いですよ(´∀`*)

 

 

関連記事:(「園児150人の保育園看護師を経験して☆保育園看護師の役割」)では、保育園看護師としての役割について具体的に紹介しています。

 

 

 

保育園看護師の配置人数について

保育園での看護師の配置人数は各自治体により定められています。

 

おおよそ乳児が9人以上いる園では看護師を1人雇用すると定められています。

 

大規模園では、看護師が複数名いるということになります。

 

また看護師の配置人数は基準を満たしていれば多い分には全く問題ありません。

 

配置人数よりも多くの看護師を配置している保育園もありますよ。

 

厚生労働省による保育園看護師の概要

保育園の管轄は厚生労働省なので、看護師の配置人数や、保育園での看護師の役割については厚生労働省で規定を行っています。

 

厚生労働省は、保育園のニーズの高まりにより、保育園内でこどもが安全に過ごせるようにと、看護師の配置を決定しました。

 

看護師の配置人数を定めたのは2008年のことであり、保育園看護師の歴史はまだ浅いと言えます。

 

保育園入園の低年齢化や、アレルギーなどの疾患を持つこどもの増加により、専門的知識を持つ保育園看護師のニーズはますます高まっています。

 

 

役割4・健診の準備・記録

健診の事前準備

保育園では健診が行われており、看護師はその準備・健診介助・健診後の事務処理を行います。

 

健診の準備では、保健だよりに健診の項目や日程を伝え、家庭で準備が必要なことを周知します。

 

眼科検診の前にはランドルト環が書かれたプリントを配布して、指で右左ができるように家でやってもらいます。

 

耳鼻科健診の前は耳の掃除をしてもらったり、歯科健診の日は歯磨きを丁寧にしてもらいます。

 

また問診票(個票)を事前に書いてもらい、健診時に必要な項目がないかチェックします。

 

健診中のサポート

健診の介助では、医師会や予防医学会などから健診車で保育園を巡回してきます。

 

健診スタッフとして看護師や医師がいますが、園児の普段の様子をしっているのは保育園看護師なので、健診時のサポートに入ります。

 

特に注意してもらいたい園児がいる時は、医師にその旨を伝えます。

 

健診会場の準備も看護師の役割です。

 

園児は医師や看護師の姿を見て不安になって泣いてしまったり、健診を嫌がることも多いので、保育園看護師は不安になっているこどもをなだめたり声かけして、スムーズに健診が行えるようにサポートします。

 

健診データの入力

健診後はデータ入力などの事務作業も手伝います。

 

園によっては個人データ(家庭調査票など)を看護師には記入させない園もあるようですが、基本的には看護師が健診データの入力や管理をします。

 

 

役割5・食物アレルギー対策

軽度から重度の食物アレルギーを持つこどもがいる

最近は食物アレルギーを持つこどもが増えており、アレルギー対応食を食べているこどもが多くなっています。

 

食物アレルギーは軽度〜重度の症状があり、軽度のアレルギーを持つこどもが大半ですが、アナフィラキシーショックを起こすような重度のアレルギーを持つこどももいます。

 

食物アレルギーは個人個票や健康管理表などで確認できるため、保育園看護師はこどもの状態把握のために、アレルギーの有無は必ず確認しましょう。

 

食物アレルギーのあるこどもへの対策

こどもの食物アレルギー対策としては、食事やおやつの時の安全対策が必須です。

 

保育園ではこどもの入園・退園が激しいので、新しくこどもが入ってきた時などに安全対策が疎かになるリスクがあります。

 

アレルギーのあるこどもへの配膳や食事をする場所、担当する職員などを事前にしっかりと決めて、マニュアル通りに対応しましょう。

 

その時により対応を変えたりすると事故のもとです。

 

食物アレルギーのあるこどもの席は毎回同じ席とし、同じスタッフが配膳をする。

 

配膳のスタッフがいない場合に代わりに担当するスタッフをあらかじめ決めておく。

 

他の園児に食事が配り終わるまで、スタッフはアレルギーのあるこどもから目を離さない。

 

おやつの時間も同じく、アレルギー対応のおやつを持参している場合でも、おやつを準備する人、配膳する人、おやつを食べる席などを毎回同じにします。

 

エピペンを園で預かること

重度の食物アレルギーのあるこどもではエピペンが処方されていることがあります。

 

エピペンを園で預かることは可能であり、預かった場合は保管場所、管理者をしっかりと決めマニュアルをつくります。

 

エピペンが必要になった場合は、エピペンを取りに行く人、こどものそばで状態観察をする人、エピペンを打つ人、医療機関に連絡する人、保護者に連絡する人など、細かく役割を設定します。

 

食物アレルギー対策についてはしっかりとマニュアルが作られている場合が多いので、保育園看護師は事前にしっかりとマニュアルを確認するようにしましょう(´∀`*)

 

 

役割6・薬剤の取り扱いマニュアルの作成


保育園では、持病があり日常的に内服しているこどもや、体調不良などで一時的に内服しているなど、薬剤の知識が必要です。

 

持病があり日常的に内服があるこどもは、健康管理表に内服の種類や疾患名が書かれているので、事前に確認をしましょう。

 

一時的に内服をしている場合は、保育園に在園時に飲ませる薬がある場合は、与薬依頼表を書いていただき、内服は看護師が行うようにしましょう。

 

こどもが内服している薬の種類や効能・副作用などについてまとめた集計を作るように言われることもあります。

 

また、発熱時の頓服として、座薬や内服薬を預かる場合もあります。

 

座薬は体重や年齢により使用する量が変わるので、使用する前は体重の確認をしましょう。

 

座薬使用後は発汗が増え熱が下がってきますが、血圧が急激に低くなるなどの副作用があるため、頓服を使用した後は状態観察を続けましょう。

 

座薬なら使用後1時間もすれば熱が下がってくるので、検温を行い保護者に経過を報告しましょう。

 

保育園では、体調不良時に保護者へ連絡をしてもすぐに迎えに来られないケースもあります。

 

仕事をしている保護者のための施設なので、仕事を早退するのが難しい場合もあるのです。

 

体調不良の時にすぐに保護者が迎えに来られない場合の対応について、園と事前に話し合いをしておきましょう。

 

 

役割7・緊急時の対応


保育園では怪我や病気などで緊急を要する時のために、緊急時対応マニュアルが作られています。

 

病気や怪我などで、緊急受診や救急車の要請が必要になった時に、誰がどのように連絡をするのか、マニュアルに従ってスムーズに対応できるようにしましょう。

 

緊急時マニュアルは、園長や主任などはマニュアルを理解していることが多いのですが、保育士スタッフはマニュアルがあることは知っているけど、実際にはどのように対応すればよいのか分からない・・・ということが多いのです。

 

緊急時マニュアルの徹底が必要と感じたら、園長や主任にその旨を伝え、看護師から緊急時の対応について周知できるように工夫をしましょう。

 

保育園では救急搬送が必要となるケースは稀にですがあります。

 

緊急時はマニュアルが頭に入っていないとパニックでスムーズに動けません!

 

誰がどのように行動をするのか、どこに連絡を入れるのかなどを確認しましょう。

 

また救急隊の方や、ドクターカーの場合は医師が来られた時は、普段のこどもの様子と、異常が発見されてからの経過を分かりやすく説明し、スムーズに治療に入れるように努めます。

 

緊急時対応は慣れていないと緊張してしまってうまくいかないこともありますが、マニュアルを知っているのと知らないのとでは対応に差が出てきます。

 

看護師としての役割がしっかり果たせるように、事前に緊急時マニュアルを確認することをおすすめします(´∀`*)

 

保育園看護師の仕事内容について

保育園看護師の保健指導について


保育園では、こどもたちの生活指導や感染症予防の周知対策として保健指導が行われています。

 

保健指導の案を考えるのは看護師の役割ですが、園長や主任から保健指導の内容について依頼があることもあります。

 

歯科検診が近ければブラッシングの方法についての保健指導を行ったり、眼科検診が近ければ目の健康についての保健指導を行います。

 

感染症が流行る時期では、うがい・手洗いの方法についての保健指導を行います。

 

イラストや写真を使い、こどもが興味を持って聞いてくれるように工夫します。

 

保育士の力を借りて演劇風に行ったり、ペープサートを取り入れたりします。

 

保健指導はこどもたちと触れ合う楽しい時間でもあります。

 

こどもたちは楽しみながら健康について考える時間となるため、とても重要な仕事だと思います!

 

 

保健だよりの発行について


保育園看護師は月に1回、保護者に向けて保健だよりを発行します。

 

保健だよりは保育園で取り組んでいる健康対策や感染症対策、保健指導の実地についての報告など健康に関することを書きます。

 

保健だよりの内容については、園長や主任から依頼をされることもありますが、その時期で必要な情報を自分で考えて作成することが多いです。

 

保健だよりはパソコン打ちなので、保育園看護師はパソコンがある程度はできたほうが良いと思います!

 

保護者は保育園看護師が普段、どのような仕事をしているのか、どのような役割があるのかを知らないことが多いです。

 

こどもに関する健康相談や発達相談なども行っています。

 

育児に行き詰まって辛い時などは気軽に相談してほしいと思っています。

 

保健だよりには保健室看護師の取り組みや、健康相談・発達相談についての情報などを乗せ、親近感を持ってもらえるように工夫しています。

 

 

0歳児クラスの保育補助

保育園看護師は主に0歳児(乳児)クラスの保育補助をすることが多いです。

 

0歳児クラスは保育士の配置人数が一番多いですね。

 

乳児は体調不良を自分で訴えることができないので、保育を通して異常の早期発見に努める必要があります。

 

保育補助は、看護師業務というよりも保育士業務がメインで、あやしたり、遊んだりももちろんします。

 

食事の補助、おやつの補助、排泄の補助など日常生活に関する補助を行います。

 

0歳児クラスは、こどもをおんぶ紐で背負う機会が多いので、体力的には大変ですが、赤ちゃんのかわいさに癒されます。

 

0歳児クラスのこどもたちは、我先にと抱っこを要求してくるので、おんぶに、両手に抱っこという感じであやしていて、両手が空くことがありません

 

もちろん、トイレに行っている時間もありません。。。

 

それでも0歳児クラスの担当は癒されるし楽しいですよ(´∀`*)

 

 

関連記事:(「保育園看護師の仕事内容☆保健指導や保育補助について」)では、保育園で行う健康指導の内容や、保育補助の様子について詳しく紹介しています。

 

 

 

記録物・日誌の記入


保育園では、病棟のようにSOAPを用いての看護記録はありませんが、こどもたちの様子を記録する看護日誌があります。

 

看護日誌には、その日に行った看護ケアや処置について記載します。

 

看護ケアを行った経緯、行った処置の内容、誰にどのように報告したのか、医療機関を受診したり保護者に受診を依頼したのかなどを記録します。

 

保育園看護師は複数いて、ローテーションで勤務している場合があり、その日に担当していなかった看護師が後日、どのような看護を行ったのかが分かるように記録をします。

 

保育園看護師は0歳児クラスの保育補助に入ることが多いので、家庭の連絡帳の記入も担当します。

 

そのため、業務時間内で看護日誌を書く時間がなかなか取れません。

 

周りの状況を見ながら適宜記録しないと、正確な状況を忘れてしまうので、後回しにせず、なるべく早めに記入することをおすすめします。

 

看護師の仕事内容は、各保育園によって様々です。

 

看護師の仕事内容や業務範囲を細かく決めいている園なら、看護師も保育士も責任の所在がはっきりしますし、お互いの仕事を認められますよね。

 

でも、ほとんどの保育園では看護師の業務や役割の範囲が明確ではないので、看護師は中途半場な立場になっていることが多いのです。

 

各保育園により対応は様々、看護師に対する考え方も様々なので、働きにくい保育園があるのも事実です。

 

働きにくい保育園に当たってしまわないように、看護師派遣会社に登録して、保育園の内部事情を事前に調べることをおすすめします!

 

看護師派遣会社のメディカルコンシェルジュは、保育園看護師求人が豊富にありおすすめですよ(´∀`*)

 

 

保育園看護師の給料の平均相場について!手取りはいくらくらい?

保育園看護師の給料は安い!?


保育園看護師は夜勤もない、土日祝日休みなどの理由から、給料は安いというイメージがあります。

 

保育園看護師の給料は、医療機関以外の施設の求人と同じ水準の給料です。

 

病棟や外来のように夜勤手当や残業手当がない分、安く感じるかもしれませんが、実際は高待遇の職場が多いですよ(´∀`*)

 

保育園看護師の時給相場について

保育園看護師の時給相場は、バイト・パート看護師の場合は時給1,500前後であり、医療機関や外来の求人に比べて安いと言えます。

 

でも、派遣看護師の場合は、時給相場は1,800円前後が多く、バイト・パート看護師に比べて時給が高いのです。

 

また、派遣看護師求人の場合は、時給2,500円など高給求人が増えています。

 

それは、保育園看護師のニーズの高まりとは反対に、保育園看護師が足りない状況であり、時給を高くしてでも看護師を確保したいという保育園の希望でもあるのです。

 

効率よく稼ぐなら、派遣看護師として保育園に務めるのがおすすめですよ(´∀`*)

 

保育園看護師の年収相場について

保育園看護師の月給相場は250,000円〜300,000円ほどです。

 

ボーナスは3ヶ月/年ほどなので、年間ボーナス額は600,000〜700,000円ほどとなります。

 

保育園看護師の年収相場は、月額250,000円×12ヶ月+ボーナス600,000円=年収3,600,000円ほどとなります。

 

保育園看護師は日勤のみ、残業なし、土日祝日休みなど、好条件が揃っているので、年収相場が低めでも人気がある働きかたです。

 

保育園看護師は大半が非常勤の看護師や派遣看護師で、常勤看護師はとても少ないのが特徴です。

 

パートやバイトならボーナス支給の対象になり得ますが、派遣看護師はボーナス支給はありません

 

保育園看護師の手取りの給料はどのくらい?

保育園看護師の月収は250,000〜300,000円が相場です。

 

総額から社会保険料・所得税などを引くと、保育園看護師の手取り額は210,000円ほどとなります。

 

 

関連記事:(「保育園看護師の給料は高いの?給料の相場と手取り額について」)では、派遣看護師が常勤看護師よりも稼げる理由について解説しています。

 

夜勤アリの病棟や外来に比べると手取り額は少ないのですが、ワークライフバランスを重視した生活を希望される方には保育園看護師が最適です。
結婚・出産・介護などでライフスタイルに変化があっても、保育園看護師なら家庭と仕事の両立が可能です。

 

 

保育園看護師で効率よく稼ぐためには派遣がおすすめ!


保育園看護師は夜勤アリの病棟や外来の求人に比べて給料が低いと説明しましたね。

 

でも保育園看護師がしたい!という方には、効率よく稼ぐ方法として派遣看護師からのスタートがおすすめです。

 

派遣看護師はパート看護師よりも時給が高い!

派遣看護師はバイトやパート看護師よりも時給が200〜500円ほど高くなります

 

同じ職場で同じ業務をしていても時給の幅が大きいので、バイト・パートで働くよりも派遣看護師の方が効率よく稼げることがわかりました。

 

派遣看護師がバイト・パート看護師よりも時給が高いのは、雇用形態の違いによるものです。

 

派遣看護師は派遣会社に雇用されているため、給料は派遣会社が支払いますが、バイト・パート看護師は職場に雇用されているので給料は職場が支給します。

 

派遣会社は派遣先から時給の提示をされますが、この時給に上乗せした時給で派遣看護師を雇用することができます。

 

派遣会社は派遣先から派遣看護師の紹介料や手数料をもらい運営しています。

 

消化料や手数料などの一部を看護師の時給に還元することで看護師の時給アップが実現するわけですね。

 

他の派遣会社よりも時給の高い求人が多ければ派遣看護師が集まり、たくさんの派遣実績を作ることができます。

 

たくさんの派遣実績がある派遣会社ならたくさんの派遣先から紹介の依頼を受けることになりますよね。

 

大手の派遣会社ではたくさんの派遣実績があるため、派遣先からの信頼も得られますし、給料アップが可能なことから派遣看護師からも支持されるのです。

 

派遣会社によって時給に差が出るので、選ぶなら大手の看護師派遣会社がおすすめです(´∀`*)

 

どこの看護師派遣会社で良いワケではない!

派遣会社は1万社以上あると言われており、どこの派遣会社を選べばよいのか分からないという方が多いですよね。

 

保育園看護師を希望するなら、保育園看護師の求人に力をいれいている派遣会社でなければ希望の求人を見つけることはできません。

 

保育園看護師の求人は病院や施設の求人に比べて圧倒的に求人数が少ないです。

 

でも、保育園看護師に力を入れている看護師派遣会社なら希望の保育園求人が見つかりますよ!

 

大手の看護師派遣会社であるメディカルコンシェルジュは、保育園看護師の求人に力を入れており、求人数が豊富です。

 

保育園看護師を希望するならメディカルコンシェルジュを利用することをおすすめします(´∀`*)

 

紹介予定派遣なら好条件で働ける!

派遣にはいくつかの働き方があり、そのうちの1つに長期の派遣である「紹介予定派遣」があります。

 

紹介予定派遣はおおむね6ヶ月以内に直接雇用になることを前提として派遣求人です。

 

派遣看護師は派遣会社が給料アップ交渉や条件交渉をするので、好条件で派遣をスタートできます。

 

派遣から直接雇用となると時給は200〜500円下がってしまうのですが、紹介予定派遣で好条件スタートしていると、その条件に近い条件で直接雇用することができます。

 

派遣から直接雇用になるときは、派遣会社が給料アップ交渉や条件交渉をしてくれるので安心ですよ!

 

保育園看護師の場合もバイト・パートからスタートすると、職場の条件を一方的に飲むしかありませんが、派遣からスタートすることで派遣会社が給料アップ・条件交渉をしてくれるので、最初から好条件が期待できるのです。

 

大手の看護師派遣会社はコンサルタントのサポート力、交渉力に自信があるので、好条件を引き出すことができますよ(´∀`*)

 

 

 

 

 

参考資料:「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」(厚生労働省

 

「保育所における感染症対策ガイドライン」(厚生労働省